風の時代 心の時代
世界は光に満ちている 世界は愛で溢れている
コラム

花の天満宮の想い出

この記事の投稿日時は2022年2月10日の午前9時台です。今日は首都圏、それも都心でも大雪のおそれありで大変らしいですね。大雪が降ったとしても被害が最小限にとどまることを祈っています。
今年の春は、47都道府県のどこにも緊急事態宣言もまん延防止等重点措置もなくて、全国各地でお互いにお花見をはじめ春の行楽が楽しめることを願っています。
そこで、昔、仕事の関係で東京都内に住んでいたころの思い出の一つとして、亀戸天満宮の画像をアップしました。
下町の天神様として親しまれ一般には「亀戸天満宮」と呼ばれている「亀戸天神社」。九州太宰府天満宮に対して東の宰府として「東宰府天満宮」という位置づけだそうです。
「花の天満宮」とも呼ばれていて、梅まつりだけでなく藤まつりや菊まつりも有名です。
画像は、今から12年前の2020年の5月初めのものです。
当時は建設途中だった東京スカイツリーの画像もありますよ。

ABOUT ME
五条光来(ごじょう あきら)
令和2年の春、それまでの仕事の退職を機に、生まれ故郷(京都市)に隣接する某都市に居を構えました。今(注:令和3年4月)現在は、長引くコロナ禍で、巣ごもり的な生活を続けながら、<風の時代>の新しい生き方を模索しています。人生最期のときまで、自分を磨いて高めながら、何かのお役に立って生きていたい、と考えています。 映画『ちはやふる-結び-』(2018年)の中で周防名人が真島太一君に言ったセリフ「本当に強い人間は周りをこそ強くする…………………後進には希望を、相手には敬意を、仲間には勇気を。時間も空間も超えて永遠になる」 この名言に倣って、読むと希望や勇気がなにかしら湧いてくる、そんなブログを目指していきます。