風の時代 心の時代
世界は光に満ちている 世界は愛で溢れている
コラム

今春のお花見(桜)、コロナ禍が収束していて楽しめますように!

今日は2022年2月21日。今年のさくら開花は、現時点での予想では、平年並みかやや早めのところが多い見込みだそうで、沖縄県を除く本土では、宮崎県が3月19日で一番早い開花予想になっています。南関東から四国の太平洋沿岸部と九州地方では、3月中に満開日の予想となっています。

私の生まれ故郷の京都市は全国的に人気の高い観光地なので、コロナ禍以前だったら、桜の名所はどこも満開の時季は凄い人出でした。
社会人になって、休日を外して平日に有給休暇を取って花見に出かけたことがありましたが、元気なおばさんグループや老夫婦、春休み期間中の大学生のグループでやっぱり凄い人出でした。京都の桜の名所は、人出が多すぎるのが玉に瑕ですね。

今年の桜の時季には、日本全国47都道府県のどこにも、緊急事態宣言もまん延防止等重点措置もない状態であることを切に願っています。

私は、今年京都にお花見に行くとすれば、穴場を探して狙って行こうと考えています。
実は京都市の東隣の滋賀県大津市にも桜の名所があって、京都市内の桜の名所の混雑ぶりと比較すれば、落ち着いて楽しめますよ!
私のお勧めは、京阪電車の石山坂本線の沿線の、南から北への順で言うと、石山寺膳所城跡公園琵琶湖疎水三井寺(園城寺)近江神宮日吉大社です(注:最寄駅から歩いて遠すぎるスポットは除外しています。)。

ABOUT ME
五条光来(ごじょう あきら)
令和2年の春、それまでの仕事の退職を機に、生まれ故郷(京都市)に隣接する某都市に居を構えました。今(注:令和3年4月)現在は、長引くコロナ禍で、巣ごもり的な生活を続けながら、<風の時代>の新しい生き方を模索しています。人生最期のときまで、自分を磨いて高めながら、何かのお役に立って生きていたい、と考えています。 映画『ちはやふる-結び-』(2018年)の中で周防名人が真島太一君に言ったセリフ「本当に強い人間は周りをこそ強くする…………………後進には希望を、相手には敬意を、仲間には勇気を。時間も空間も超えて永遠になる」 この名言に倣って、読むと希望や勇気がなにかしら湧いてくる、そんなブログを目指していきます。