風の時代 心の時代
世界は光に満ちている 世界は愛で溢れている
コラム

ノーベル賞受賞者著『文明化した人間の八つの大罪』その4: <思い出の本の要約紹介>シリーズ 1冊目

■著書『文明化した人間の八つの大罪』とは

私が昔読んだ本は、【思索社 訳者:日高敏隆・大羽更明 昭和48年9月20日第一刷発行 昭和56年9月25日第十五刷発行】のものです。

著者はコンラート・ローレンツ(1989年没)。オーストリアの動物行動学者、医学博士・哲学博士で、1973年ノーベル医学・生理学賞受賞者。

この著作で述べられている「八つの大罪」とは、現代文明ばかりでなく、種としての人類をも破滅させるおそれがある過程を指しています。八つのうちの八番目は「核兵器(を持った人類の軍拡)」で、これについて著者は、前に述べた七つの現象がひきおこす危険に比べて避けやすいものであると述べていますが、八つの大罪すべてについてどんな危険でも、その原因がわかればだいたいおそろしくなくなるものである。とも述べています。

この記事では、他の七つのうちの五番目について紹介します(一番目と二番目については2021年5月31日付け投稿記事で、三番目については2021年6月18日付け投稿記事で、四番目については2021年6月22日付け投稿記事で、それぞれ紹介しています。)。

■八つの大罪の五番目:遺伝的な頽廃

◇著者の主張と私なりの理解

社会が大きくなるにつれて社会的な行動規範はますます必要になるのに、近代文明の内部には--生まれもった正義感と、受け継がれてきた多くの法の伝統を除けば--社会的な行動規範の維持や発達に対して淘汰を加える要因はなにひとつ存在しない。
単純な親切や礼儀へ淘汰を推し進める要因としては、こうした価値に対する生まれつきの私たちの感情を除いて、何一つはたらいていない

その結果、本来的正義感や子どもに対し無私公平に尽くす母性愛などの生得的な行動様式(本能的に組み込まれた行動規範)が頽廃過程にある。

人間の行動様式には、生得的な行動様式学習による行動様式の二種類があって、人間が訓練(学習)によって自分の衝動に対する支配力を制御しうる補正範囲は、残念ながら非常に狭いようであるにもかかわらず、理性や学習の全能性を信じ込むことで人間の社会的な行動や道徳的な行為もっぱら文化的環境を通じて得られた「条件付け」によって左右される」「人間の行動はすべて学習によるという「似非民主主義的教義」が、遺伝的な頽廃を助長している。

◇私なりの補足説明

生物体には、「利他的な行動様式(=共同体には利益をもたらすが個体には損害をもたらす社会的な行動様式)」が発生し、存続しているそうです。

具体的に言うと、ある草食動物は、自分たちの群れに肉食動物が襲いかかって、その捕食者が群れの中の特定の個体に狙いを絞ってまさに襲いかかろうとしているとき、群れの他のメンバーたちがあらん限りの勇気を奮って、仲間の防衛に尽くすそうです。そのほうが、お互いさまで、群れ全体にとって生き残るチャンスが多いからです。

けれども、群れの中には、危険を冒してでも仲間をみんなで護ろうとする利他的な行動様式を自分だけはとらないで自分の命を確実に護ろうとする個体(いわば「反社会的な分子」「社会の寄生虫的な存在」)が、遅かれ早かれ不可避的に出現するそうです。これが、欠損という突然変異です。

反社会的な分子は、正常なその他大勢の仲間たちの社会的な行動様式に寄生しているわけですから、群れの中に反社会的な分子が増加していくと群れ全体が弱体化してしまいます。

著者曰く人間の場合には、反社会的な行動を告発するきわめて特殊な反応様式が、正常な社会の成員に備わっている。私たちは、反社会的な行動に「憤慨する」し、子どもが虐待されたり女性が暴行されたりするのを目撃すれば、どんなに穏やかな人でも実際の攻撃をもって反応する。ホモサピエンス種が、細胞国家の抗体形成のシステムとそっくりなやり方で、共同体を危うくする寄生者を排除するのに役立つ高度に分化した行動様式システムをもっているということは、科学的に確証されていると考えてよいだろう。」、「私たちの正義感がやはり系統発生的に組み込まれた基盤にもとづいているという仮定はごく当然である。その基盤のはたらきは、反社会的な同種個体が組織に侵入するのを防ぐことなのである。

■私の感想

この著書の「第6章 遺伝的な頽廃」のなかの次の二つの点が、私には特に印象深いです。

① 人類の遺伝的な頽廃を阻止するには

著者曰く、「人類の遺伝的な頽廃を阻止するには、………ユダヤ人の昔話が古典的な方法で語っている昔の知恵を忘れないようにするだけで十分である。」。その昔の知恵とは、配偶者を選ぶ際には、相手(彼女又は彼)が礼儀正しい人でなければならない、ということです。

私は既婚者ですので今更知っても………ですが、この記事の読者のなかでこれから結婚相手を探す人はぜひ参考にしてみてください。

② 世論=「振動する傾向をもつ調整システムの機能」

世論とは振動する傾向をもつ調整システムの機能である世論は動きにくいものであり、長い「静止期」の後で初めて新たな影響に対して反応する。それに加えて、世論はたいていは事実の誇張である著しい単純化を好むものである。だから、世論を批判する反論は、世論に比べてほとんどいつでも正当である。けれども、世論は、評価の綱引きにおいて、反対意見を補わない場合には決して受け入れられないような極端な位置に停止する。それから、まったく突然そうなるのが常なのだが、それまで支配的だった見解は崩れ去り、振り子はそれまでと反対の、やはり行き過ぎた頂点まで振れる

なかなか “意味深” ですよね。以上を予備知識として今後の世論の動向をウォッチしてみようと思います。

ABOUT ME
五条光来(ごじょう あきら)
令和2年の春、それまでの仕事の退職を機に、生まれ故郷(京都市)に隣接する某都市に居を構えました。今(注:令和3年4月)現在は、長引くコロナ禍で、巣ごもり的な生活を続けながら、<風の時代>の新しい生き方を模索しています。人生最期のときまで、自分を磨いて高めながら、何かのお役に立って生きていたい、と考えています。 映画『ちはやふる-結び-』(2018年)の中で周防名人が真島太一君に言ったセリフ「本当に強い人間は周りをこそ強くする…………………後進には希望を、相手には敬意を、仲間には勇気を。時間も空間も超えて永遠になる」 この名言に倣って、読むと希望や勇気がなにかしら湧いてくる、そんなブログを目指していきます。