風の時代 心の時代
世界は光に満ちている 世界は愛で溢れている
コラム

ノーベル賞受賞者著『文明化した人間の八つの大罪』その3: <思い出の本の要約紹介>シリーズ 1冊目

■著書『文明化した人間の八つの大罪』とは

私が昔読んだ本は、【思索社 訳者:日高敏隆・大羽更明 昭和48年9月20日第一刷発行 昭和56年9月25日第十五刷発行】のものです。

著者はコンラート・ローレンツ(1989年没)。オーストリアの動物行動学者、医学博士・哲学博士で、1973年ノーベル医学・生理学賞受賞者。

この著作で述べられている「八つの大罪」とは、現代文明ばかりでなく、種としての人類をも破滅させるおそれがある過程を指しています。八つのうちの八番目は「核兵器(を持った人類の軍拡)」で、これについて著者は、「前に述べた七つの現象がひきおこす危険に比べて避けやすいものである」と述べていますが、八つの大罪すべてについて「どんな危険でも、その原因がわかればだいたいおそろしくなくなるものである。」とも述べています。

この記事では、他の七つのうちの四番目について紹介します(一番目と二番目については2021年5月31日付け投稿記事で、三番目については2021年6月18日付け投稿記事で、それぞれ紹介しています。)。

■八つの大罪の四番目:感性の衰滅

◇虚弱化による豊かな感性や情熱の委縮

文明の発達 → いかなる犠牲をはらってもできるだけ不快を避けようとする過度の努力 → 現代文明人は、不快を触発するあらゆる刺激状態に絶えず敏感になり、快を触発するあらゆる刺激的状態に対してますます鈍くなる

有害な結果がもたらされる
後にならなければ快を得られそうもない仕事に励めなくなる
芽生えたばかりのあらゆる望みを直ちに満足させようとするようになる
遠くに置かれた目標を追求する能力が欠如していく
厳しい苦労をつうじてしか得られない喜び(例示:本格的な登山)を感じる能力が低下してしまう

◇虚弱化と感性の衰滅に対抗し、それを治療する可能性

故意にもたらされた生活の重みの類ではなく、自然に与えられる天賦の障害の克服が、人間を鍛えて、不快に対する寛容を強いる。そして、障害の克服に成功したときに証明の喜びと成功の喜びとが人間に与えられるのである。

■私なりの感想と理解

既に生じている行動を強める強化刺激(快感と結びついている)と既に生じている行動を弱めたり全く抑制したりする消去刺激(不快感と結びついている)という相反する刺激の作用で作動する快と不快の原理は、獲得すべき利益と支払うべき代価とを秤にかけるために存在している、私は理解しています。

科学技術の発達によって生活が便利になったいわば “副反応” として、このシステムの機能錯誤が現在進行形で起こっている---それが、著者の言う現代文明人は、不快を触発するあらゆる刺激状態に絶えず敏感になり、快を触発するあらゆる刺激的状態に対してますます鈍くなるということです。
後者の快を感じる能力の減退に対抗するには、刺激の組み合わせを絶えず変えてたとえよく似ていても異なる刺激にすることで、慣れによる鈍化を防ぐことができるのです。要するに、マンネリを防ぐ異なる刺激を意識して受けるようにすることだと思います。

ところで、世の中は螺旋階段を上昇していくように進んでいるそうです。螺旋運動、つまり、直線運動と円運動の合成ベクトルです。

今現在の長引くコロナ禍がやがていつか終焉しても、“新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためのという意味での新しい生活様式” から全く元の生活様式に戻るのではなくて、アフターコロナの新しい生活様式は、元の生活様式と似てはいるけれども異なっている、螺旋階段を上っていくように上昇変化した生活様式であってほしい、と私は願っています。

ABOUT ME
五条光来(ごじょう あきら)
令和2年の春、それまでの仕事の退職を機に、生まれ故郷(京都市)に隣接する某都市に居を構えました。今(注:令和3年4月)現在は、長引くコロナ禍で、巣ごもり的な生活を続けながら、<風の時代>の新しい生き方を模索しています。人生最期のときまで、自分を磨いて高めながら、何かのお役に立って生きていたい、と考えています。 映画『ちはやふる-結び-』(2018年)の中で周防名人が真島太一君に言ったセリフ「本当に強い人間は周りをこそ強くする…………………後進には希望を、相手には敬意を、仲間には勇気を。時間も空間も超えて永遠になる」 この名言に倣って、読むと希望や勇気がなにかしら湧いてくる、そんなブログを目指していきます。