風の時代 心の時代
世界は光に満ちている 世界は愛で溢れている
コラム

ノーベル賞受賞者著『文明化した人間の八つの大罪』その2: <思い出の本の要約紹介>シリーズ 1冊目

■著書『文明化した人間の八つの大罪』とは

私が昔読んだ本は、【思索社 訳者:日高敏隆・大羽更明 昭和48年9月20日第一刷発行 昭和56年9月25日第十五刷発行】のものです。

著者はコンラート・ローレンツ(1989年没)。オーストリアの動物行動学者、医学博士・哲学博士で、1973年ノーベル医学・生理学賞受賞者。

この著作で述べられている「八つの大罪」とは、現代文明ばかりでなく、種としての人類をも破滅させるおそれがある過程を指しています。八つのうちの八番目は「核兵器(を持った人類の軍拡)」で、これについて著者は、「前に述べた七つの現象がひきおこす危険に比べて避けやすいものである」と述べていますが、八つの大罪すべてについて「どんな危険でも、その原因がわかればだいたいおそろしくなくなるものである。」とも述べています。

この記事では、他の七つのうちの三番目について紹介します(一番目と二番目については、2021年5月31日付け投稿記事で紹介しています。)。

■八つの大罪の三番目:人間どうしの競争

◇著者の主張

生物の発展の原因として重要な役割を演じている自然淘汰は、適応を生じさせる。適応を通じて生じた構造や機能は生物に特有のものである。それに対して、生物の種内淘汰は、種の外から環境要因によって引き起こされる淘汰とは違って、その種が生き残るチャンスを減らすばかりでなく、たいてい明らかに有害である遺伝子の変化を生じさせる。

「今日(こんにち)生きている人間の大多数は、もはや隣人を超えようとする無慈悲な競争に有効かつ適切なものにしか価値がないと感じている。」「破壊的な作用をもつ実利主義という誤謬は、目的と手段との混同である」「今日の人間の心にもっと大きな障害を与えているのは………、所有欲やより高い地位に対する欲望、あるいはその両者に対する欲と並んで、不安--競争で負ける不安、貧困化の不安、誤った決定を下す不安、全体的な苦しい状況に耐えないあるいはもう耐えられないという不安--が極めて重要な役割を果たしていることも大いにありそうに思われる。」「不安に急き立てられ、せかれて不安になるために人間は自分の一番大切な性質を忘れてしまう。その一つは反省である。」「現代人は、………実に嫌な自画像を反省によって与えられるのをおそれるために、不安による勤勉さを自覚し反省するあらゆる可能性を避ける。」

◇私なりの理解と感想

著者は決して競争そのものを否定しているわけではありません。人間どうしの競争が正(プラス)のフィードバックを伴う循環過程になっているから、平たく譬えれば、ブレーキがなくてアクセルを踏み続けている状態にあるから、“文明化した人間の八つの大罪” の一つに数えあげているのです。

この著作は1970年代前半、つまり今から約半世紀も前に書かれたものですが、人々が貧困化の不安をはじめとするあらゆる不安に急き立てられながら、人類という種の内部における人間どうしの経済的競争、卓越のための闘争を強いる神経的、精神的重荷に耐えているという状況は、半世紀を経て地球規模に拡大しているようですね。

■個人レベルでできそうな自衛策

不安を本質的要因として競争に駆り立てられ続けるという精神的・神経的重荷を少しでも軽くするために、あなたなら何を実践なさいますか?

私は、次の二つの実践に努めています。
1.「他人と自分を比べないこと」、「いまの私が誰かと自分を比べるとしたら、それは過去の自分」(2021年5月28日付け投稿記事で紹介済み)
2.「マネーリテラシーを高めること」(2021年5月24日付け投稿記事で紹介済み)

ABOUT ME
五条光来(ごじょう あきら)
令和2年の春、それまでの仕事の退職を機に、生まれ故郷(京都市)に隣接する某都市に居を構えました。今(注:令和3年4月)現在は、長引くコロナ禍で、巣ごもり的な生活を続けながら、<風の時代>の新しい生き方を模索しています。人生最期のときまで、自分を磨いて高めながら、何かのお役に立って生きていたい、と考えています。 映画『ちはやふる-結び-』(2018年)の中で周防名人が真島太一君に言ったセリフ「本当に強い人間は周りをこそ強くする…………………後進には希望を、相手には敬意を、仲間には勇気を。時間も空間も超えて永遠になる」 この名言に倣って、読むと希望や勇気がなにかしら湧いてくる、そんなブログを目指していきます。