風の時代 心の時代
世界は光に満ちている 世界は愛で溢れている
コラム

エシカル消費(倫理的消費):あなたも日常の生活で消費を通じて社会貢献ができる!

人は誰でも、個人個人で程度さはあるでしょうが、自分が誰かや何かにとって必要な存在でありたい、ささやかであっても何か世の中の役に立っている存在でありたい、という想いがあると思います。
また、高齢になって引退しても、何らかの形で社会と関わりを持ち続けていたい、という想いもあると思います。

でも、現実は、多数派のフツウの人たちは、大人は仕事、子育てなど、子どもは学校の勉強や部活動など日々の生活で忙しくて、ボランティア活動その他何らかの社会参加活動をする時間的余裕は乏しいですよね

誰でもできるささやかな社会貢献

さて、お金を使う(モノやサービスを購入する。投資をする。寄附をするetc.)という行為は、何を買うか、何に投資や寄附をするか、複数の選択肢のなかから選ぶという点で、選挙で清き一票を投じることに似ていると思います。

倫理的消費(エシカル消費)=消費者それぞれが各自にとっての社会的課題の解決を考慮したり、そうした課題に取り組む事業者を応援しながら消費活動を行うこと(消費者庁のホームページより)
という言葉があるくらいです。

故・船井幸雄氏は、著書『「幸せ」の基本』の中で、「少々高くても、有機農法の野菜など、社会的に価値のあるもの、本物の技術を駆使した商品を買ったりすることで、消費を通じて、世の中に還元していくことができる。」と述べておられます。

買物をするとき、普通は、そして家計のやりくりが厳しいときにはなおさら、同じような品質なら価格がより安くてオトクなもの、コストパフォーマンス(費用対効果)がより高いものを選ぶでしょうが、
人それぞれ、今の自分にとって無理のない金額の範囲内で、毎月少額でもいいので、倫理的消費のための予算枠を設定して、消費を通じて世の中に還元してみてはいかがでしょうか。
エシカル消費は、その気になれば誰でも手軽にできる、ささやかですがれっきとした社会貢献のひとつだと思います。

ちなみに、私の場合、もう何年も前から、洗剤は川や湖を汚さない成分でできているものをネットで購入し続けていますし、一方、不定期的ですが、フェアトレード認証製品のチョコレートやコーヒー等をときどき購入するようにしています。
最近は、毎月のように、あるクラウドファンディングプラットフォームで、まちづくり・地域活性化のプロジェクトで気に入ったものを支援しています。

ABOUT ME
五条光来(ごじょう あきら)
令和2年の春、それまでの仕事の退職を機に、生まれ故郷(京都市)に隣接する某都市に居を構えました。今(注:令和3年4月)現在は、長引くコロナ禍で、巣ごもり的な生活を続けながら、<風の時代>の新しい生き方を模索しています。人生最期のときまで、自分を磨いて高めながら、何かのお役に立って生きていたい、と考えています。 映画『ちはやふる-結び-』(2018年)の中で周防名人が真島太一君に言ったセリフ「本当に強い人間は周りをこそ強くする…………………後進には希望を、相手には敬意を、仲間には勇気を。時間も空間も超えて永遠になる」 この名言に倣って、読むと希望や勇気がなにかしら湧いてくる、そんなブログを目指していきます。