風の時代 心の時代
世界は光に満ちている 世界は愛で溢れている
コラム

ある意味で日本で一番ユニークだと言えそうな鉄道を貴方はご存じですか?

例えば東京都内なら、地下鉄の東京メトロと私鉄が相互乗り入れをしていて、乗車している最中に地下鉄が地上に出る(または、その逆も)という路線がありますが、日本には唯一、地下鉄と登山電車(山岳鉄道)と路面電車の3役を同じ車両でこなす路線があります。
それが、近畿地方の京都と滋賀を結ぶ京阪電車の京津線です。
しかも、日本で一番車両の長い路面電車でもあります。
路線の途中には日本有数の急カーブや急勾配もあって、乗り鉄(=鉄道に乗ることを目的とする鉄道ファン)にとっては知名度が高い、魅力のある路線だそうです。

■どこを走っている路線?

京阪京津線は、京都府京都市山科区内の御陵(みささぎ)駅から滋賀県大津市内のびわ湖浜大津駅までの7駅間・7.5kmを約15分で走る路線です。
御陵駅で京都市営地下鉄東西線と相互乗り入れをしていて、東の端の京阪京津線のびわ湖浜大津駅から西の端の京都市営地下鉄東西線の太秦天神川駅まで乗り換えなしで行けます(所要時間は約35分)。

■京阪京津線のユニークな特徴とは

1.西の端の御陵駅を出発するときは「地下鉄」、次の京阪山科駅に着くまでの途中で地上に出て、その次の四宮駅から府県境の峠を越えて滋賀県大津市内の上栄町駅までの間を走行するときは「登山電車(専用軌道)」、そして上栄町駅を出発してすぐに「路面電車(併用軌道)」となって、次の終点の東の端のびわ湖浜大津駅に到着します。
2.地下鉄と登山電車(専用軌道)と路面電車(併用軌道)の3種類を同一車両で走行する電車という点でも日本唯一です。
3.1両16.5mの4両編成、その全長は66mで、路面電車としては日本で一番車両の長い路面電車です。
4.「登山電車(専用軌道)」である区間の、特に滋賀県大津市内の大谷駅と上栄町駅との間の区間では、最大の傾斜は61パーミルの急勾配ですし、また、大谷駅自体が傾いていて(駅ホームの傾斜は40パーミル)、駅のベンチは傾いた床の中でもまっすぐに座れるよう、ベンチの脚の長さが左右で違っています。
(注)1パーミル=水平距離1000mに対し1mの垂直距離を持つ勾配

貴方が京都か滋賀の大津に遊びに来られたときに時間の余裕があれば、ぜひ一度、京阪京津線に乗ってみられてはいかがですか!

ABOUT ME
五条光来(ごじょう あきら)
令和2年の春、それまでの仕事の退職を機に、生まれ故郷(京都市)に隣接する某都市に居を構えました。今(注:令和3年4月)現在は、長引くコロナ禍で、巣ごもり的な生活を続けながら、<風の時代>の新しい生き方を模索しています。人生最期のときまで、自分を磨いて高めながら、何かのお役に立って生きていたい、と考えています。 映画『ちはやふる-結び-』(2018年)の中で周防名人が真島太一君に言ったセリフ「本当に強い人間は周りをこそ強くする…………………後進には希望を、相手には敬意を、仲間には勇気を。時間も空間も超えて永遠になる」 この名言に倣って、読むと希望や勇気がなにかしら湧いてくる、そんなブログを目指していきます。